ページの先頭です

トップページ > 症例コラム > 未分類 > シップの使い方

シップの使い方

 

シップで痛みをごまかしていませんか?

 

残念なことですが、シップで慢性的な腰の痛み、肩のこりは治りません。

良くなったように感じるのは

シップの「スーッ」とした感覚で痛みをごまかしているだけなんです。

それどころか・・・・・シップが原因で症状が悪化することもあります。

それは、シップを貼ることで患部が冷えてしまい、血液の循環が悪くなってしまう場合です。

 

健康の話も人によって合う、合わないがあります。

シップも合う、合わないがあります!シップも症状に応じて使う必要があります。シップを貼るだけでは治らないのです!

シップで冷やしたほうが良いのは、「ケガ」や「痛いところが熱をもっている場合」だけなんです。

 

 

また「温シップと冷シップはどちらがいいんですか?」と患者様に質問されることがあります。

実は・・・・・温シップも冷シップも、成分は同じなんです!

違いは冷シップには「スーッ」とする成分のメントールが含まれているのに対して温シップは「ヒリヒリ」するトウガラシの成分が含まれているだけなんです。ということは・・・温シップも冷シップも効果は同じということなのです。そうなると温シップか冷シップかは、単なる「好み」ということになります。

シップは、ケガや患部が熱を持っている時に使うことが基本です

このような場合以外はシップを貼ることはお勧めできません。

今までシップで痛みをごまかしていませんでしたか?

 

 

根本からカラダを施術する

四条河原町整骨院

ご予約優先制 075-744-6234

受付時間 平日  午前9~12時 午後3時~7時30分

土曜日 午前9~13時

当院のご案内

四条河原町整骨院

【アクセス】阪急 河原町駅徒歩3分/京阪 祇園四条駅徒歩9分

【住所】京都府京都市下京区寺町仏光寺下ル恵美須之町543

【電話番号】075-744-6234

【営業時間】平日 9:00~12:00/15:00~19:30
土曜日 9:00~13:00

【定休日】日曜・祝日・土曜日の午後

当院の外観写真

075-744-6234

メールでのお問い合わせはこちらから

地図

患者さんの声

スタッフ紹介

症例コラム

四条河原町整骨院

症状別解説

サイトメニュー

当院について

外観

所在地
〒600-8033
京都府京都市下京区寺町仏光寺下ル
恵美須之町543
アクセス
阪急京都線 河原町駅より徒歩3分
/四条烏丸駅より徒歩11分
京阪本線 祇園四条駅より徒歩9分
電話番号
075-744-6234
営業時間
平日 9:00~12:00/15:00~19:30
土曜日 9:00~13:00
定休日
日曜・祝日・土曜日の午後

メールでのお問い合わせ

社長ブログ