ページの先頭です

手の痛み

毎日の暮らしの中で必ず使う手痛み・しびれが出たら、何をするのも嫌になってしまいますね。
特にお母さん。 育児に奮闘している産後間もないお母さん。
家事と仕事を両立しているお母さん。
用事をする度に手が痛むのは辛いですよね。 だからといって休むこともできません。 しっかりとご自身の症状を理解して、治療していきましょう。

手根管症候群

手首と手のひら側にある骨と靭帯の間に囲まれた手根管というトンネルの中を、正中神経と指を曲げる九本の筋肉の腱が通っています。
正中神経は、手にとって最も重要な神経です。正中神経が傷ついたり慢性的に圧迫されると、しびれや親指の付け根がやせてきます。縫い物や洋服のボタンをかけるなどの細かい作業をすることが難しくなります。鋭い感覚と細かいはたらきを要求される手にとって、致命的なダメージになります。
しびれなどの症状は明け方に強く出ますが、手を振ることで楽になります。
原因はわかりませんが、男性より女性。妊婦や手首の骨折、手をよく使う重労働者や閉経、透析をきっかけで発症する人が多い病気です。

ばね指

指には指の関節を曲げたり伸ばしたりする腱というものがついています。そのうち指を曲げる腱を屈筋腱といいます。その屈筋腱に指を曲げる時に腱が浮き上がらないようにする靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)があります。この屈筋腱と靭帯性腱鞘との間に炎症(腱鞘炎が起こった状態)が起こると刺激のために腱が厚く硬くなったり、腱鞘が厚くなって結果として腱の動きが悪くなります。これを無理して動かそうとすると「ばちんっ」と言い、バネ現象が起こります。
原因は、手の酷使(簡単に言うと、使い痛みですね(;_;))
でも発生しますが、主に妊娠時、産後や更年期の女性に起こることが多い疾患です。
そして関節リウマチでも発生します。またどの指にも発生しますが、右手の親指に最も多く発生します。小児例では親指以外の発生は多くありません。

約三か月程度の安静で改善しなければ、手術やブロック注射に頼ることになってしまいます。
四条河原町整骨院での手技は、治療期間を縮める一つの手段です。
「手術は最終手段です!」というのが当院の先生の口癖です(^^)
是非一度お電話ください。

当院のご案内

四条河原町整骨院

【アクセス】阪急 河原町駅徒歩3分/京阪 祇園四条駅徒歩9分

【住所】京都府京都市下京区寺町仏光寺下ル恵美須之町543

【電話番号】075-744-6234

【営業時間】平日 9:00~12:00/15:00~19:30
土曜日 9:00~13:00

【定休日】日曜・祝日・土曜日の午後

当院の外観写真

075-744-6234

メールでのお問い合わせはこちらから

地図

患者さんの声

スタッフ紹介

症例コラム

四条河原町整骨院

症状別解説

サイトメニュー

当院について

外観

所在地
〒600-8033
京都府京都市下京区寺町仏光寺下ル
恵美須之町543
アクセス
阪急京都線 河原町駅より徒歩3分
/四条烏丸駅より徒歩11分
京阪本線 祇園四条駅より徒歩9分
電話番号
075-744-6234
営業時間
平日 9:00~12:00/15:00~19:30
土曜日 9:00~13:00
定休日
日曜・祝日・土曜日の午後

メールでのお問い合わせ