ページの先頭です

腰の痛み

腰痛にはタイプがあるんです

腰痛診断

ぎっくり腰タイプ

ぎっくり腰タイプ

ぎっくり腰タイプ

ぎっくり腰タイプ

あなたは、何タイプでしたか?

今から4つのタイプ別にお話をしますね。

ギックリ腰タイプのあなた

まずは痛いところを冷やして安静にしてください。お風呂で温めたり、運動(ストレッチ)、お酒はダメです!
ギックリ腰になるということは、筋肉が緊張している状態です。このまま放っておくとまたぎっくり腰になるかもしれません...。

頑張りすぎタイプのあなた

仕事や運動の後、一時的にアイスノンや氷で冷やして下さい。痛みがひいている時は温めた方が良いです。湿布を貼ってごまかすのはダメですよ!最初に言ったように、湿布は痛みを抑えるための薬です。
頑張りすぎて疲れているあなたの筋肉。もしかしたら背骨まで歪めてしまっているかもしれません。そうなると腰以外のところにも不調が出てくる可能性があります。

血行不良タイプのあなた

まずは、冷やさないように心がけて下さい。痛みがおさまってきたら、軽い体操をしたり、お風呂で身体を温めてください。
なぜ、血液の流れが悪くなるかご存じですか?
深層筋肉でお話したように、筋肉は硬くなると収縮します。血管もそれに伴い細くなります。細くなると、必要な組織、臓器に必要な量の血液をスムーズに送れなくなります。これが血行不良になる原因です。深層筋肉を指圧で刺激し、緊張をほぐし、柔軟性のある筋肉に変えていくと血液の流れもよくなります。

慢性タイプのあなた

基本的には冷やさない方が良いタイプですが、急激に痛くなった時は冷やした方が良いです。
しかし、これでは痛みの原因を消せません。ごまかしているだけです。

この4つのタイプに共通すること。それは...
どのタイプも筋肉のバランスや、背骨のバランスが崩れると痛みがでてきます。
腰の痛みを改善するためには、トリガーポイント療法で筋肉の緊張をほぐし、B&M背骨歪み矯正法で背骨のゆがみを整える必要があります。

アイシングと湿布で気を付けてほしいこと

よく「いきなり痛くなったときは冷やしてください」と言われますが、冷やしすぎはダメです。凍傷を防ぐため、20分以上行わないようにして下さい。皮膚の冷たい感触が無くなったり、赤みを帯びてきたら止めるようにして下さい。
そしてもう一つ、痛むときに貼る湿布。湿布って貼るとヒヤッとしますよね?
でも、それでは患部の温度が下がりません。水が入ったコップに湿布を貼っても冷たくなりませんよね。
はじめは冷たく感じても、それは湿布に含まれている水分やメントールが原因です。
湿布薬は痛みを和らげる・血行をよくする、この2つの成分が配合されているため、長時間貼り続けると皮膚がかぶれたり、症状がかえって悪くなってしまうときもあります。
貼るタイミングも怪我をしてからすぐ使用するのではなく、2日目から貼りだすのが有効です。

当院のご案内

四条河原町整骨院

【アクセス】阪急 河原町駅徒歩3分/京阪 祇園四条駅徒歩9分

【住所】京都府京都市下京区寺町仏光寺下ル恵美須之町543

【電話番号】075-744-6234

【営業時間】平日 9:00~12:00/15:00~19:30
土曜日 9:00~13:00

【定休日】日曜・祝日・土曜日の午後

当院の外観写真

075-744-6234

メールでのお問い合わせはこちらから

地図

患者さんの声

スタッフ紹介

症例コラム

四条河原町整骨院

症状別解説

サイトメニュー

当院について

外観

所在地
〒600-8033
京都府京都市下京区寺町仏光寺下ル
恵美須之町543
アクセス
阪急京都線 河原町駅より徒歩3分
/四条烏丸駅より徒歩11分
京阪本線 祇園四条駅より徒歩9分
電話番号
075-744-6234
営業時間
平日 9:00~12:00/15:00~19:30
土曜日 9:00~13:00
定休日
日曜・祝日・土曜日の午後

メールでのお問い合わせ

社長ブログ